薪の販売(相模原市産)

薪の販売 相模原市 間伐材
薪の販売 相模原市 間伐材

相模原市・津久井地域産

地元 相模原市・津久井地域の杉・ヒノキの人工林で、木材にできなかった間伐材を活用して薪の販売をしています。

薪から森が見える

薪の販売 相模原市 間伐材

相模原市水源の森林エリア 撮影

2018 マキモリ薪の販売

厚割り!ボリューム◎杉・ヒノキ薪
薪の販売 相模原市 間伐材
薪の販売 詳しくはこちら!

2018薪づくり中継ブログ
薪の販売 相模原市 間伐材

2018.6.18 薪の燃焼試験・・読む

2018.5.26 春の薪割り完了・・読む

2018.5.17 太い丸太玉切り・・読む

2018.4.15 丸太の玉切り・・読む

2018.4.12 薪“割り” 中!・・読む

2018.3.16 薪づくり始動!・・読む


2018 マキモリ薪の販売

厚割り!ボリューム◎杉・ヒノキ薪
薪の販売 相模原市 間伐材
1束分 7~8片 500円 (税込)

結束なし・約33cm長・不ぞろいご免!m(_ _)m
キャンプ・アウトドアに!薪ストーブに!どうぞ。

薪割り時期:2018年3月~5月
現在乾燥中!2018年7月ごろからのご使用がおすすめです。

※お車への積込みお願いいたします。 ※配送はお請けしていません。

販売場所 へ(便利!相模原市中央区)

2018年薪づくり中継ブログ へ
薪の販売 相模原市 間伐材

2017年終了分 記録 へ

マキモリ薪 販売場所

相模原市中央区「木育の家」 さんで販売しています。

木育(もくいく)の家 さん
神奈川県相模原市中央区下九沢58-1
水曜定休 ↓地図アリ

薪の販売時間:10:00-18:00

津久井・道志方面へのお出かけの途中にも便利、広い駐車スペースです。

※薪をご覧になる際・ご購入くださる際は、受付へお声がけください。
※「お釣り」の無いよう、ご協力いただけると幸いです!
※お越しの際は、当日の営業について、念のため 木育の家さんへ(TEL 0120-091-944)で確認いただくと安心です。

木育の家さん 公式HP

大きい地図で見る

薪の販売について詳しくは、マチモリへお気軽にお問い合ください。

マチモリ-マキモリ お問合せ先

TEL 080-5184-4541
メール・お問い合せフォーム

マキモリ 思い

― 薪から森が見える ―

相模原市/津久井地域に広がる青き水源の山々。その山々に、昔、人の手で植えられた 杉やヒノキの森があります。数十年を経た今、良質の木材となって使われています。
薪の販売 相模原市 間伐材
(相模原市の水源の森林エリア 市内林業会社さん間伐作業の様子 撮影)

しかし、時代の変化・暮らしの変化とともに、こうした人工林のなかには、手入れができなくなって荒廃している森もあります。

昔、人の手で木々を植えられた森。でも、今は人の手が届かなくなった森。そんな森が もういちど、人の手で かつての自然の森へ還ることができたら。

木材としては使われなかった間伐材を薪として活用。薪から地元 相模原市/津久井地域の水源の森林・人工林を見る。
マチモリの薪売り「マキモリ」の根っこです。そのため、マキモリの薪は人工林の杉・ヒノキの間伐材が中心です。

木も地産地消。ぜひご利用ください。薪ストーブでは広葉樹のご利用が多いかと思いますが、ボリュームのある杉薪ですので、機会があればいちどお試しください。

マキモリ薪 お問合わせ

薪の販売 相模原市 間伐材

マキモリは、地元相模原市/津久井地域の森林資源・間伐材を活用した薪の販売です。マチモリについて

キャンプ・アウトドア・薪ストーブ・暖炉におすすめです。

薪のほか、丸太(玉切り)・間伐材のお問い合せなど、下記へお寄せください。

マチモリ-マキモリ お問合せ先

TEL 080-5184-4541
メール・お問い合せフォーム

2017年終了分 販売記録

2018年分 薪の販売へ


2017年分 御礼!たくさんご利用ありがとうございました。

2018.1.24 今冬の杉薪は、残り数束です。
お越しの前に販売場所の木育の家さんにお尋ねください。

薪の販売 相模原市 間伐材


2017.7 杉薪 目印つけました。

薪の販売 相模原市 間伐材


2017.6 杉薪 いい色になってきました。

薪の販売 相模原市 間伐材


2017.4 薪割り 進行中です!


2017.3 薪割り始めています。

薪の販売 相模原市 間伐材


2017.3 杉(&ヒノキ)の丸太、山から街へ運搬始めています。

薪の販売 相模原市 間伐材

2018年分 薪の販売へ

マチモリTOP | 薪の販売(相模原市産) | マチモリについて | ブログ | お問い合わせ

地元神奈川県相模原市/津久井地域の水源の森林の、杉やヒノキの人工林の間伐材を活用を通して「森・自然・人の暮らしを考える」小さな取り組みです。