ベランダ自然エネルギー自由研究

自然エネルギー自由研究メモ

ベランダで使えるソーラークッカー自作中 ▼

自由研究もくじ へ

太陽光・熱で調理 ソーラークッカー自作中

太陽の光/熱で調理をするソーラークッカー。マンションベランダでどのくらい調理可能か?まずは形やしくみを勉強(とても参考になった一つ ぬくみネットさん)すると、

市販品も自作品もすばらしい、進んでる!実に研究されていて欲しい!・・・しかし、まずは、ある物で自作できるか自由研究します。

【勉強用試験機1号・2号(小段ボール箱・ホイル・アルミパネル(180円))】

ソーラークッカー試作

1号には、使わなくなった炊飯器の内釜。2号には、炊飯土鍋&鉄瓶(テツ子)を置き、夏の陽ざし避けに使っていた銀色クロスを敷いてみました。

<実験>
●2019年9月下旬~10月上旬
●気温 30℃~27℃前後
●9:00ごろ~12:30ごろ
●晴れ & 時々曇り

天気写真天気写真

こんな空の日に、3、4日実験してみました。

<結果>
小さなティーカップに水を入れ、温度が上がり始めて測ると約55℃~60℃の間を推移している様子。一番うまく上がった日で62℃。

ソーラークッカー温度ソーラークッカー温度

カップに入れた生卵は、どうにか温泉卵になりました(注:卵は常温にしてから。冷たいままだと水温が下がり失敗)。

ソーラークッカー 温泉卵

夏には温度がもう少し上がってくれそうですが、やはり、光の反射にまだまだまだ研究の余地ありです。形や、置く場所などなど、気づいたこと多々あり、第2弾を工作中です。つづく

太陽光・熱で調理 ソーラークッカー自作中

はじめの試験機1号・2号を実験中に、反射させるアルミ板と鉄瓶の形を合体させるとどうだろう・・・?と思い立ち、思いついたのがステンレスのボール。さっそく、台所から引っ張り出してみました。

【思いつき機3号(段ボール箱・ステンレスボール・アルミパネル)】

ソーラークッカー試作

<実験>
●2019年10月上旬
●気温 28℃前後
●9:00ごろ~12:30ごろ
●晴れ

天気写真

この日は、雲一つない陽ざしの強い日でした。

<結果>
小さなティーカップに水を入れ、温度が上がり始めて測ると、どんどん上昇。あっという間に60℃を越え69℃を越えたところで、温度計がストップ、ひーっ。揚げ物用の温度計を出してきて測ってみると77℃前後で一定になりました。おーっ。

ソーラークッカー温度

カップに入れた生卵は、白身がゆで卵になりかけ・・・たところで止まった出来でした。黄身はハードハード。

この日は陽ざしの強さも味方して、はじめて62℃を越え80℃に迫り大喜び。しかし、果たして今までの晴れ&晴れときどき曇りの天気ではどう・・?実験予定です。次回は、大きめのボールで試してみます。つづく

マチモリTOP | 薪の販売(相模原市産) | 自由研究 | 薪のお知らせ | マチモリについて | お問い合わせ

地元神奈川県相模原市/津久井地域の水源の森林、杉やヒノキの人工林の間伐材の活用を通して「森・自然・人の暮らしを考えたい」小さな取り組みです。

街(まち)と森(もり)の結び目に